ドラクエ考察はくぶつかん

ゲーム内では語られていない疑問点について考察します。ネタバレ注意。

ウルノーガが犯した六軍王の配置ミスと改善策について考察

ドラクエ11の魔王ウルノーガが六軍王に下した采配の改善点について、ドラクエ6におけるデスタムーアの支配体制と比較しながら考察します。

【ドラクエ11】メドローア完成の裏側をダイの大冒険の設定をもとに考察

ダイの大冒険におけるメドローアの設定をもとに、ドラクエ11の連携技メドローアの裏側にある事情や、よりハイレベルなメドローアを完成させるための条件などを考えていきたいと思います。

ザオリクで生き返る人と生き返らない人の違いについて考察する

ドラクエの世界には人を生き返らせる方法が豊富に登場します。中には非業の死を遂げるキャラクターが何人か登場しますが、なぜ彼らを生き返らせることができないのでしょうか。今回はドラクエ世界の蘇生の謎について考えてみたいと思います。

りゅうおうは本当に世界の半分を勇者に与えても良かったのでは?という話

ドラクエ1の最終決戦前にりゅうおうが勇者に持ちかけてくる「もしわしの味方になれば世界の半分をお前にやろう」という提案。実際に勇者にアレフガルドの半分を与えて自分の手下にしてもメリットがあったのではないかという話をしたいと思います。

ひとくいばこよりあくまのツボの方が生存競争に有利であることを証明する

ひとくいばこよりあくまのツボの方が生存競争で有利だと言える根拠について述べたいと思います。

実はバラモス配下だったやまたのおろちとボストロール。優秀なのはどちらか比較する

「やまたのおろち」と「ボストロール」実は彼らがバラモスの配下だったということをご存知でしょうか。ゲーム内で全く語られない部分なので知らない方も多いと思うんですが、今回はその出典の話+彼らの支配体制の優秀さを比較します

ブオーンの体長は何メートルか考察する

シリーズ全体を通しても屈指の大きさを誇るブオーンについて、一体どれぐらいの体長があるのか考察します。

プサンがトロッコに乗っていた20年間の総移動距離を求めてみた

トロッコ洞窟において、プサンは「20年以上もトロッコに乗ってまわり続けていた」という旨のとんでもない発言をするわけですが、では20年件のトロッコで周回し続けた場合の総移動距離はいくらになるのか計算してみました。

ブギーとキラゴルドの戦略どちらが優秀か比較する

ドラクエ11で魔王ウルノーガの配下として登場する六軍王。その中の2人ブギーとキラゴルドが取った戦略の比較をしてどちらが優秀か考えてみたいと思います。

ボブルの塔におけるゲマとの攻防の不自然な点について考察

ドラクエ5の終盤戦。ドラゴンオーブを求めてボブルの塔に向かうイベントについて。この時ゲマが取った行動には腑に落ちない部分が多いので疑問点についてのまとめと考察をしたいと思います。

ジャミは無敵のバリアの力で光の教団での下剋上を成せないのか考察

デモンズタワーにおけるジャミはHPと守備力を増大させ、全属性の呪文を無効化するという驚異のバリアをまとった状態での戦闘となります。こんな強力な能力を持っていながら光の教団の一幹部に留まっているのはなぜなのか考察します

ドルマゲスはなぜ太陽の鏡を破壊しなかったのか考察する

闇の遺跡に逃げ込んだドルマゲスを追う一連のイベントの流れを見ていると、ドルマゲスの行動にはどうしても不可解な点があります。それは、サザンビークの宝物庫に侵入までしておきながら、太陽の鏡を破壊せず、持ち逃げもせず、魔力を奪うだけに留めたとい…

デスタムーアの支配体制をより磐石にするための布陣について考察

ドラクエ6の魔王であるデスタムーア。他シリーズの魔王であるりゅうおうやゾーマが自らの存在を人間たちに誇示していたのに対して、自身の存在を知られないように立ち回っていたことが印象的です。彼の支配体制がなかなか好みなので、その功罪と改善点につ…

バトルレックスの幼生はヘルバイパー?成長の過程について考察

アークボルトに関する一連のイベントで、バトルレックスの卵を割るとヘルバイパーが出てくるという事実。なんだかすごく違和感がないでしょうか。今回はバトルレックスとヘルバイパーの関係性について考えてみたいと思います。

キラーパンサー(ゲレゲレ)が海を渡ってカボチ村へ棲みついた経緯を考察

ドラクエ5の大きな疑問点の1つとして、キラーパンサーが主人公の幼年期と青年期の合間になぜ海を渡ったのかというものがあります。 彼の行動の動機や、海を渡るために選んだルートについて考察します。 背景 ゲレゲレの行動の動機 古代の遺跡からアルカパ…

【ドラクエ5】主人公はいつ文字が読めるようになったのか

ドラクエ5の主人公は幼年期に文字を読むことができません。青年期になると読めるようになるのですが、人間は教育を受けずして文字を読めるようにはなりません。ドラクエ5の主人公がいったいどのようにして文字が読めるようになったのか考察します。

ルドマンはなぜ先回りして贈り物を届けることができたのか考察する

ドラクエ5でフローラと結婚するメリットとして「ルドマンから定期的に贈り物を受け取れる」というものがあります。ところで、なぜルドマンは主人公たちの行き先に先回りして使者に贈り物を持って行かせることができたのでしょうか?その理由について考察し…

ニセたいこうやボストロールが本物を始末しなかった理由

ニセたいこうやボストロールが本物の王族を生かしておいた理由について考察します。

【ドラクエ】攻撃呪文6種類の立ち位置をチェスの駒で表現してみる

メラ系・ギラ系・バギ系・ヒャド系・イオ系・デイン系の特徴からそれぞれをチェスの駒で例えるならどうなるか考えてみたいと思います。

オルゴ・デミーラの支配体制確立に貢献したボスランキング

ドラクエ7の各地に登場したボスキャラクターの中で多くの人間から長期にわたって絶望の感情を搾取できるポテンシャルを持った順にランキングを作ってみたいと思います。

こおりのやいばの素材の有用性と実用化について考察

ドラクエ4以降に登場する武器である「こおりのやいば」 公式ガイドブックなどで「永久に溶けない氷を加工して作られた」という旨の説明がされており、なんとも夢がある素材でできているな、と初めて目にした時から妙に印象に残っている武器です。 そんな夢…

テリーが武闘家を極めずにバトルマスターになっている問題と各キャラの上級職素質について考える

ドラクエ3以来久しぶりに転職システムが実装されたドラクエ6。その中でテリーがルールを無視した転職を行っている件について上級職へ転職する素質という観点で考察します。

【ドラクエ7】炎の山の噴火はもっと効率的にできたのでは?と思う話

ドラクエ7の冒険序盤。過去のエンゴウ地方で炎の山の噴火を防ぐために主人公たちが奮闘するシナリオについて。火山を噴火させようとしていた炎の巨人はもっと効果的に噴火させる方法はなかったのか考察します。

少年時代のヤンガスとポポロの能力差が不自然なので考察する

「トルネコ3」で操作キャラとして活躍するトルネコの息子ポポロ。「少年ヤンガスと不思議のダンジョン」で主人公を務める少年時代のヤンガス。この2人の能力差に少し違和感があるのでその内容について考察します。

キラーパンサー友の会の活動内容をゲーム中の描写のみから考察

ドラクエ8のに出てくる「キラーパンサー友の会」その規模や活動内容については一切触れられない謎の組織ですが、本編内で得られる僅かな情報からその活動内容について考えてみたいと思います。

サザンビークのアルゴリザード保護体制に対する疑問を考察

ドラクエ8のサザンビークが所有する王家の山。今回はここで人間に保護されているアルゴリザードを取り巻く実情について考えてみたいと思います。

ルパスのお宝メモの仕組みについて考えてみる

ドラクエ11に登場する貴重品の1つ「ルパスのお宝メモ」従来の作品で言うところの「とうぞくのはな」のような役割を果たしてくれるアイテムとなっていますが、これっていったいどういう仕組みで宝箱の数を教えてくれているのでしょうか。

サマディーが六軍王の侵略対象にされなかった理由を考察

ドラクエ11の世界ロトゼタシアには五大国と称される主要国家が5つ登場します。その中で残存する3国のうちデルカダールやクレイモランも作中で魔王からの攻撃に晒されるのですが、サマディーだけは全く攻め込まれる様子がありません。その理由について考…

六軍王の功績ランキング

戦闘能力だけ見ると、それなりに上下関係も生まれてしまいそうな六軍王のメンバーたち。今回は彼らの強さとは無関係に、挙げた功績ベースでランキングを作ってみました。

ロトゼタシアの人口構成比調査結果を報告します

現代日本をはじめ世界各国で深刻な問題となっている高齢化問題。ドラクエ11の舞台であるロトゼタシアの世界も似たような問題を抱えているのでしょうか。個人的に調査した結果とその所感をまとめます。