ドラクエ考察はくぶつかん

ゲーム内では語られていない疑問点について考察します。ネタバレ注意。

【ドラクエ5】主人公の年齢が分かる5つのシーンまとめ

Hatena Feedly

ドラクエ5はシリーズの中でも特に時間の流れが激しい作品。

一度でもプレイしたことがある方なら作中でどれだけ時間が流れ、主人公がどれだけ年を重ねたのかおおよそ把握されていることと思いますが、この時間の流れが明示される5つのポイントについてまとめます。

ドラクエ5で時の流れが分かる5つのポイント

ドラクエ5において、時の流れが明示される重要なポイントは5つあります。まずはそれぞれ確認していきましょう。

ゲーム開始時の主人公の年齢

『わたしは 8才だから

あなたより 2つも

おねえさんなのよ。』

スクウェア・エニックス『ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁』より

ビアンカ

まずは多くの人が印象に残っているであろうこのセリフ。

ゲーム開始直後のサンタローズにおける幼年期のビアンカとの一幕です。このことから、幼年期の主人公の年齢は6歳であることが分かります。

青年期スタート時点における主人公の年齢

この次に時の流れが明示されるのは青年期のスタート時点。ドレイ生活が描かれているシーンです。

ゲマに連れ去られた後に流れるテロップは以下の通り

『そして 10余年の月日が流れた…。』

 スクウェア・エニックス『ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁』より

幼年期終了後のテロップ

 10余年と表現されているため、正確な年数は分かりません。例えば13年ぐらいの年月なら10余年と表現しても全く不自然ではないですし、この場合主人公の年齢にも割と大きい誤差が生じてしまいますがひとまず続けます。

なお、リメイク版では10余年の「余」の文字だけが綺麗に消されており、明確に10年と表現されているためより具体的に見ていくことが可能です。

双子誕生時の主人公の年齢

3つ目のポイントはグランバニアに到達後、妻がデモンズタワーに連れ去られた時のサンチョのセリフ

『な なんということだ!

これでは まるで

20年前の あの日と……。』

スクウェア・エニックス『ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁』より

サンチョ

この「20年前のあの日」と言うのが生まれたばかりの主人公を庇ってマーサが魔物にさらわれた日のことを指しているため、この時点での主人公は20歳であると判断できます。

なお、このサンチョのセリフはSFC版とリメイク版で同じになっており、上記のドレイ期間では表現のブレがありましたが、この時点で20年に統一されることになります。

ジャミ戦後における主人公の年齢

次のポイントは妻と共に石化された後、成長した息子・娘と再会するまでの期間。

石の状態のまま季節が巡る様子が流れるシーン後のテロップは「さらに年月が流れた」としか表現されておらず具体的な経過時間は分かりません。

しかし、その後グランバニアに帰還してからのオジロンの以下のセリフが重要

『まあ 8年ものあいだ

石に なっていたのでは

無理も ないかもしれんが……。』

スクウェア・エニックス『ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁』より

オジロン

このことから、主人公が石化していた期間は8年であり、娘と息子もこの時点では8歳になっていると判断できます。

主人公の年齢は28歳ですね。

イブール撃破後の主人公の年齢

最後のポイントは大神殿にてイブールを倒し、妻の石化を解いた時点。

妻との再会の後、以下のテロップが入ります。

『10年の年月をへて 今 まさに

ビアンカが よみがえった! 』

 スクウェア・エニックス『ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁』より

妻と再開後のテロップ

「ビアンカ」の部分はもちろん、結婚相手によって変わりますが、10年の年月という部分は変わりません。

主人公が8年石化していたのに対し、妻はそこからさらに2年もの間石のままだったということになります。

 

以上の5つがドラクエ5における時の流れを示す重要なポイントです。最終的な主人公の年齢は30歳であり、6歳から冒険が始まったことを考えると、24年もの期間を描いたストーリーと言うことになりますね。

まとめ

本記事の趣旨は主人公の年齢についてまとめることなので以上に留めますが、ドラクエ5の時間の流れには解釈の余地がある期間も存在します。

それについては今後以下の考察記事にてまとめていきたいと思います。

▼ドラクエ5の時系列▼

【ドラクエ5】主人公6~20歳におけるドレイ期間以外の4年間の配分を考察