ドラクエ考察はくぶつかん

ゲーム内では語られていない疑問点について考察します。ネタバレ注意。

プサンがトロッコに乗っていた20年間の総移動距離を求めてみた

Hatena Feedly

ドラクエ5のトロッコ洞窟(リメイク版:地下遺跡の洞窟)を進む道中で主人公たちは自称天空人であるプサンと出会います。その時彼は「20年以上もトロッコに乗ってまわり続けていた」という旨のとんでもない発言をするわけですが、では20年件のトロッコで周回し続けた場合の総移動距離はいくらになるのか計算してみました。

トロッコの総移動距離調べ方

SFC版を基に計算を行う

最初に総移動距離の計算方法について述べておきます。

調べてみると、SFC版とリメイク版とでプサンが乗っているトロッコが環状の線路を一周するのにかかる時間が異なっていました。つまり、どのハード(SFC、PS2、DS、スマホ)で計算するかによって結果が変わってくることになります。

今回は原作であるSFC版を基にして考えることにしました。

移動距離の計算方法について

  1. トロッコが一周するのにかかる時間をストップウォッチで計測
  2. 1.の結果からトロッコがゲーム画面上の1マス進むのに何秒かかるかを求める
  3. 主人公が徒歩でゲーム画面上の1マス進むのに何秒かかるかを求める
  4. 標準的な人間の歩行速度は約4km/hであるため、主人公が歩く速度も4km/hであると仮定
  5. トロッコと主人公の歩行スピードを比較してトロッコの時速を算出
  6. トロッコで回っていた期間を20年とし、総移動距離を求める

以上が今回行うトロッコの移動距離の計算方法となります。

多分に誤差を含むことをご了承ください

ご覧いただけると分かると思いますが、かなりアバウトな計算方法です。

トロッコの移動を目視してストップウォッチで計測しているので当然誤差が出ますし、主人公の歩行速度が4km/hであることも仮定に過ぎませんし、何よりプサンがトロッコに乗っていた期間が正確に分かりません。本人は「20年以上」と言っていますが、果たして20年もの間ずっとトロッコに乗っていて時間感覚が正常にはたらいているのかどうか甚だ疑問です(マスタードラゴンの力なら時間を正確に把握することぐらい可能なのかもしれませんが)

そもそも20年以上って20年数ヶ月なのか21年なのか、全く見当がつきませんしね。

というわけで、それらを加味した上で以下1つの読み物としてご覧いただけると幸いです。

SFC版ドラクエ5のトロッコ洞窟にて実測

プサンが乗っていた環状の線路を走るトロッコ。SFC版でストップウォッチを使って計測してみたところ、1周するのにかかる時間は約2.9秒でした。

また、この環状線の長さはゲーム画面上で18マスあります(斜め方向に動くからやたら数えるのが難しかった)

したがって、ゲーム画面上でトロッコが1マス進むのにかかる時間は

2.9÷18=約0.16秒ということになります。

 

続いて主人公の移動速度について。主人公がゲーム画面上でまっすぐ10歩進むのにかかる時間を計測しました。この時間が約3.5秒。

つまり、ゲーム画面上の1マスを主人公が徒歩で進むのにかかる時間は

3.5÷10=0.35秒です。

 

上記の計算結果からトロッコの速度は人間の標準的な歩行速度である4km/hとと比べて

0.35÷0.16=約2.19倍

よって、トロッコの速度は8.75km/hだと仮定できます。

現実世界に実在するトロッコと比較したい

ここまで計算してみたものの、これは果たしてトロッコの速度として妥当なんでしょうか。かなりゆっくりな気もしますが。この程度のスピードだと走行中でも余裕で飛び降りることができそうですよね。

ちょっと調べてみたものの、現実世界の採掘現場で使われているようなトロッコの時速に関する文献を見つけることができませんでした。それと比較してこれがトロッコの速度として妥当かどうか調べてみたかったんですけどね。

何か参考になる情報があれば追記したいと思いますが、現状仕方ないので、引続きこのゲーム画面のみから算出した数字を使って移動距離を計算していきたいと思います。

プサンがトロッコで移動した距離

時速8.75kmで20年間走行を続けた場合、20年間で閏年が5回訪れたと仮定した移動距離は

8.75×24(時間)×(365(日)×15(年)+366(日)×5(年))=約1,534,050km(153万4千5十km)

となります。これは地球と月を2往復した距離とほぼ同じになります。地球の外周だと3周半~4周程度に該当しますね。

さすがに20年休みなく走り続けていただけあって相当な距離になっています。

トロッコの経年劣化が激しそう

ここまで書いてみて思ったんですが、20年もぶっ続けて走っているとトロッコのタイヤが摩耗して壊れてしまうような気がします。それでも無事に走り続けていたのは何か耐久性を保てるような魔力がこもっていたからでしょうか?

でも、月と地球を2往復するぐらいの距離をメンテナンスなしで走れる素材なんて現代の科学を以ってしてもちょっと考えにくいですよね。電車も線路も定期的にメンテナンスしているからこそ安全性が保たれているわけですし。

プサンは嘘をついている?

そう考えると、プサンがトロッコで20年以上まわっていたと発言しているのは嘘だという風にも思えてきます。

確かにプサンが天空城の墜落後すぐにトロッコ洞窟に向かったのであればおおよそ辻褄の合う年数ではあるのですが…。この辺りの時系列についてもまた別記事で考えてみたいですね。

まとめ